特急さんはやっぱちょっとクレイジーです

 

 

なんか色々書きたいことができたので久しぶりに更新します。

 

ここ数日音楽漬けの日々を送らせてもらってて、まぁ楽しいだったりもやっとすることだったりと思考の整理が追いつかないままお酒に逃げてみたりしてる今日この頃でございます。

 

 

で。

今日は第一回目から毎年遊びに行ってるMISOJI RIOTに行ってきました。

毎回出演陣が自分好みなのでいつも楽しませてもらってるイベントなんですが、今回はそれに加えてあるアーティストの名前が目を引きました。

 

DJ後藤まりこ

 

気にはなってたんですが、なんとなく躊躇してしまっててずっと観れてなかった人。

 

思い返せば自分が音楽を始めた頃、syrup16gが解散して途方に暮れてた頃に出会ったバンドがミドリでした。

今でこそあまり聴くことはなくなったものの、当時は数回ライブにも行ったしグッズのタオルは未だにライブで使ってるしCDも全部持ってます。

CD全部持ってるのってsyrup16gとミドリとLOSTAGEぐらいのもんですので、まぁどれくらい好きかってのが分かってもらえると思います。

 

そのミドリの後藤まりこが別の形で活動してるのを知ったときは、なんとなくミドリはミドリのままで置いておきたいというか、変に影を追ってがっかりしたくないって気持ちが強かったので、詳しく知ろうとはしませんでした。

端的に言うとキモいですよね。

崇拝とかそこまでのもんではないんですけど、わかりますよね、なんとなく。

 

 

で、まぁそこに来て今回、馴染みのイベントに出るっていうんで、これは今見とかないといけないな、という謎の使命感と軽い気持ちの半々で観に行った次第でございます。

 

 

あの頃から10年ほど経ち、自分もそれなりにいろんなことを経験し、ライブもたくさんしたし観てもきましたが、

 

なんかもうただただ圧倒されました。

 

 

後藤まりこの良さを説明しろと言われても全然できる気しないんですけど、今日見たあの人はとにかく儚かった。

テーブルの上に乗って叫ぶ彼女を間近で見て、なぜなのかはよくわからんけど、生きててくれてありがとうとだけ思った。

 

 

生き様と言うとなんか陳腐な感じがして嫌なんですけど、なんかそういう人間的なものが見える音楽やライブが自分は好きなんだと再認識できたし、自分もそういうライブをしていきたいなと改めて思った一日でした。

 

再会を祈りながら2018

 

 

年の瀬なんでね。

たまにはちゃんと一年を振り返ろうかと。

 

思い返せば…というか全然覚えてなかったんで過去ツイートとか見て思い出してるところなんですが、なんか漠然とこの一年はなにも進んでないような気がしてたんですけど、全然そんなことなかったです。

本格的にサポートが増えたのは今年からでした。

 

ずっとやってるrale one stanceに始まり、ユメクイ思想、らくだのこぶ、魚雷ジェット、バックバンドでMiranda Otsuji、理科ブレのヘルプも今年でしたね。

ほんとにいろんな経験をさせてもらいました。

 

ブログ始めたのも今年だし、ラビットソンとかいうやつもやってたりしましたね。案の定どちらも続いてないですけど。

 

なんかずっと踠いてた一年でした。何かやらなきゃ、何かやらなきゃ、って。

でもそうやって踠きながらでも動いてみることで環境も変わっていくんだなと改めて気付かされた一年でもありました。

 

なんつってわぁすごく意識高い!成長したね!

えらいぞ俺!

 

動いてみても変わらんこともあるし、落ち込んだり卑下してみたり、そんな自分が嫌いだったり人間が嫌いだったり、嘘ついてみたり吐き出してみたり。

ずっと相変わらず僕はこんな感じで生きていくんでしょうけど、そんなんでも仲良くしてくれる人達と、来年もまた笑っていたいな。

 

関わってくれた全ての人へ

ありがとう。また会おう。

 

さて来年は何が起こるか。

もうちょっと踠いてみます。

 

 

オモイデインマイヘッド

 

もうすぐ12月か。

 

やだな。年を取ってしまう。

 

30超えたらほぼ一緒だろと思うんだけども、数字が増えるというこの抗いようのない事実は何というか、見えない何かに追い詰められる恐怖みたいなものがある。

 

10年前何してたっけな、とふと考えてみた。

 

そういえばちょうどこの時期に初めてライブハウスでライブしたんだった。

右も左もわからずmixiで見つけたバンドに途中加入しての初ライブ。

正直何にも覚えてないし、とにかく周りの目が怖かった記憶だけ残ってる。

 

10年かぁ。

ちゃんと成長してるなぁ、当たり前だけど。

 

10年後に向けて、何か新しいことでも始めてみようかな。

最新鋭の自分だとか

 

年始に息巻いて始めたブログ。

やっぱり続きませんでしたね。

ほんと何をやらせても長続きしないです。

そのくせ好きになった子のこととかは脈なしと分かりきってても諦められないのは何なのほんと。

あ、そうか。つまりブログのこと、ほんとは好きじゃなかったんだ。

ブログはただの遊びだったってことね。

寂しさを紛らわす為の道具に過ぎなかったんだ。

この人でなし!ブログコマシ!

 

 

言うてますけども。

そもそも人は何故ブログを書くのか。

それは自分という人間を誰かに知ってほしいからに他ならない。

吐き出したいから〜とか日記がわりに〜とかはその次にくるものだ。それだけなら紙媒体に書いてりゃいい。公開する必要もない。ラストシーンで読ませて涙流してもらえばいい。

自己顕示欲だ。誰もが多かれ少なかれ抱いてるもの。もうこれがないなら山籠りして仙人にでもなれ。霞食って生きてろ。そして死ね。

 

そう、その自己顕示欲の塊である僕がなぜブログを続けられないのか。

自分で始めたのにも関わらず、だ。

これには理由がいくつかありそうなので1つずつ見ていくとしよう。

 

①飽き性である

もうほんとこれに尽きる気がする。理由これだけでいい気がする。

でもこれで片付けてしまったら今までの自分と同じだ。変わるんだ。明日から新しい自分。アイキャンフライ。

 

②めんどくさい

自己顕示欲よりめんどくさいが勝っちゃうんですね。めんどくさい欲マジ強い。チート。

もっと時間かけずにサクッと書ければいいんですけどね。ほら、僕真面目だからね。意識高い系だからね。こういうところも手を抜けないんですよ。

 

③アクセス数が少ない

このブログ、簡単にアクセス数見れるんですけどこれがもうほんとひどい。一応僕フォロワー800人くらいいるんですけど?え、そんなに興味ないです?みんな忙しい?ミュートしてる?え?

まぁ言うて僕も人のブログ全然見ないんですけどね。他人に興味ないもん。

これに関しては更新頻度を上げれば結果はついてくるのかな。よっぽどじゃない限り。ん、悲しくなってきたネ。次!

 

④完成度を求め過ぎ

ネット上とはいえ後に残ってしまうので、ある程度ちゃんとしなきゃとかボリュームが足りないだとか多少はおもしろいと思われたいだとか色々考えちゃって下書きだけが増えていくパターン。

実際下書きいっぱいあるけど全部使えなさそうなやつばっかりです。

そりゃそうですよ、その時その時思ったことなんて後から見たら何言ってんだコイツ誰だよって思うのは当たり前なんですよ。

人間やめたい?頭ぶっ壊れてんのか?

どうせ黒歴史になるんだからいっそドス黒いもん残してやろうぜ。真っ黒になァ!!

 

 

えー長々と書きましたが要は色々気にし過ぎってことですかね。

「今日は〇〇行ってきました〜明日も頑張るゾ☆」

とかで全然いいんですよブログなんて。

 

どうせほとんど誰も見てないんだし!

 

 

 

 

…あれ?なぜか文字が霞んで見えるな

 

…もう歳かな…隠居しょ…

 

ジョージョ不安定

 

 

こんにちは。

 

今回は折り入って皆さんに報告したいことがございます。

 

 

 

 

長らく人間のふりを続けてまいりましたが、わたくし本当は人間ではございません。

 

 

 

そう!何を隠そう、私は!

 

地獄からの使者、スパイダーマッ!!

 

 

 

まぁ言うてますけどもね。

なんか本当に楽しかった日のこととかを心底くだらなかったなと思う時もあったりして。

自分の中に人間が2人いて、どっちかが顔出してる時にもう片方が陰で笑ってるような妙な不快感がずっとあるんです。

 

理想の自分と現実の自分って言うと陳腐な感じだしちょっと違う気もする。

余所行き用の猫被ってる自分と、仲の良い人達に見せる素の自分の、さらにもう一個裏っ側にあるやつ、みたいな。

誰しもあるよね?素の自分だって演じてるでしょ実際。

 

かといってその裏っ側のやつが本物かって言うとこれも違う。

孤独に酔う自分を演じているのだ。

もはや訳がわからない。

わたしは誰だ。ここはどこだ。明日はどっちだ。

 

とまぁこのように自分自身でも何がなんだかわかってないくせに人と人が理解し合うなんて幻想だし分かって欲しいだなんて傲慢だし人間ってめんどくせえよなって話です。

 

 

だから僕は人間をやめたい。

猫になりたい。

君に飼われてもいい。

 

でも人間をやめたいなんて思えるのは、人間だからなんだよなぁ。

 

みつを

↙︎→↘︎↓↙︎←↘︎+A or C

 

僕の大好きなバンド、モケーレムベンベのニューアルバム「↓ため↑+K(シタタメテウエトキック)」が6/20に全国発売されます。

 

その新譜を一足先に聴かせてもらったんですがもうほんと良すぎてね、良すぎるんですけど、僕バンドやってる割に音楽のことあんまりよくわかってないのでこの良さをどう伝えていいかわからんのです。

だからと言うのもアレなんですが、ずっと誰かに言いたかったことを、この個人ブログにしたためてやろうと思い、今回筆を取りました。

曲解説というより歌詞解説?いや、技解説かな。ちょっと長いので暇すぎて死にそうな時とか眠れない夜に読んでください。

 

 

まず、そもそもこの[↓ため↑+K]とは何なのか。

ゲームやったことある人なら知ってる方も多いかと思いますが、これは格闘ゲームにおける必殺技コマンドの表記のひとつです。

レバー及び十字キーを下に一定時間入力した後、上に入力すると同時にキックボタンを押す。すると各キャラに対応した必殺技が出ます。

代表的なキャラと言えばやはりかの有名なCAPCOMが誇る人気格闘ゲームストリートファイターⅡ」に登場するガイルですね。

あの独創的な髪型はゲームを全くやったことない方でも一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

 

さて、このガイルで上記のコマンドを入力した際に出せる必殺技。その技名が

サマーソルトキック

通称サマー、サマソ、もしくはサマッソゥッ

 

聡明なる読者諸兄ならお気づきかと思いますが、今回のアルバム5曲目に収録されている「リバーサルサマー」と結びついてきます。

 

 

では次にそのリバーサルサマーというタイトルについて

 

まず「リバーサル」とは本来の意味以外に格ゲー用語において、硬直時間中にコマンドを先行入力することで硬直が解けた瞬間に技を発動させること、を意味します。

先行入力受付時間に関しては格ゲーによってまちまちですが、基本的に最後の入力部分(上記コマンドだと↑+K)以外はある程度早い段階から先行入力可能なものがほとんどです。

 

なんだか急にコアな話になってきましたね。

まぁ、簡単にいうとダウンして動けない時にコマンド入力しておいて、起き上がって動けるようになった瞬間に必殺技をぶっ放す反撃の手段です。

基本的にダウン中はこちら側が不利なので起き攻めなどで一方的に攻め込まれてしまうと手も足も出ませんが、リバーサルを駆使することによって一気に形勢を逆転させたりできるわけです。

 

そう、つまりリバーサルサマーとは、リバーサルでサマーソルトキックを出すという意味も込められているのです。

 

しかもこのサマーソルトキック、発動した瞬間から無敵時間があるのでどんな攻撃にも対応できる最強のリバーサル技なのです。まぁ遠くから飛び道具出されたらどうしようもないんですけどそこはガイルさんにもソニックブームという飛び道具がありますから心配いりません。ソニックブームで飛ばせてサマーで落とす待ちガイル戦法は数々のプレイヤーたちを泣かせてきました。そりゃあコントローラも投げますわいな。

 

 

少し話が脱線しましたが、ここで一旦モケーレムベンベのリバーサルサマーの歌詞を見てみましょう。

 

"転びながらしたためた 夏の終わりの続きが…"

 

転びながらしたためた

 

転びながら(ダウン状態)したためた(↓ためた)

 

 

まさしくリバーサルサマー。

 

このダブルミーニングに気づいたとき僕は、「天才や…天才がおる…」と思いました。風呂場で。

 

他の曲でも彼はこういう、おっさんの少年心をくすぐる様な、粋な歌詞を書くんです。

 

新譜が発売されたら改めて歌詞カードを見ながらじっくり聴いてみたいと思います。

 

 

※尚、この度の解説に関しましては推察の域を出ておらず、あくまで個人による解釈のひとつであるということを、ここに明記させていただきます。

 

 

 

何もしないということをするということ

 

あらゆる可能性を考えすぎるが故に結果何も出来ずに終わる。みなさんにもあると思います。今日はそんな話をひとつ。

 

 

先程、電車に乗ってましたらばね、ふと何か横切るものがありましてね、なにかなーと目を凝らして見てみたらそれはそれは小さな蜘蛛がちょろ〜とぶら下がっておりまして。

あらまかわいいですね〜春ですものね〜なんて思っておりましたらば、なにやら器用に横移動を始めたわけです。

高さ的にもつり革よりかなり下の方だったので、はて、どこに向かっておるのじゃ此奴はと思い先を見てみた所、どう考えても隣に立ってる女性が持ってるスマホの先端だったんですね。

 

人間誰しも、スマートフォンを凝視してる時に突然蜘蛛が現れたらギャース!って心の中で思うじゃないですか。

人によっては発狂して泡を吹くかもしれない。

その拍子にスマートフォンが床に落ち、画面が割れ、世界が終焉を迎える可能性だってある。

その事態だけは避けなければならない。

心優しい僕はそれを防ぐ為のあらゆる方法を考えました。

 

 

 

①さりげなくつり革を持つフリをして蜘蛛糸を断ち切る

 

一番自然かつスマートなやり方。美しい。超紳士。

ただこれにはひとつ問題点がある。断ち切った時点で世界と蜘蛛を繋ぐものは僕しかいなくなり、即ち蜘蛛は僕めがけて一直線に向かうことになる。恋の一方通行である。

それは困る。何故なら蜘蛛の糸というものはものすごく不快だからだ。

僕はすぐに考えを改めた。

 

 

 

②息を吹きかけて別の行動を促す

 

これは実際に試みました。何の意味もありませんでした。むしろ少し歩みを早めやがりました。

 

 

 

③直接言う

 

コミュ障の僕にはかなりハードルが高いが致し方あるまい。

事前に知っていれば落ち着いて対処もできるし、むしろ我が身に降りかかる火の粉は我がで処理するのが一番合理的だ。

ただここでまたひとつ問題点が。どんな言い方をすればいいのか。

小声で「蜘蛛来てますよ…(ボソ」とでも言えばいいのか。

もうそれチャック開いてますよぐらいのテンションやん鼻毛出てますよぐらいのテンションやん。

たぶん僕が言われたらハァ?ってなります。却下。

 

かと言って大声で叫ぶなど愚の骨頂。周りはパニックになり電車は止まり、スマートフォンは割れ、世界が終焉を迎えるかもしれない。

それだけは避けたい。

何よりハズい。いい大人が大声はマズイ。却下だ。

 

いや、待て。そもそもその女が蜘蛛女だった場合、あたしのかわいい子供達に何てこと言うんだい!って状況にもなりかねない。そうなったら終わりだ。間違いなく蜘蛛糸で身動きとれなくされてから生き血をチューチューと吸われるであろう。不快だ。

 

 

 

④何もしない

見守る。せめて最後は見届けてやる。業は背負おう。さあ行けスパイディ、無限の彼方へ!!

 

 

 

 

 

次の駅で降りて行きました。